髪の毛 綺麗に洗う

髪の毛を綺麗に洗うために気をつけたほうが良いことを知っていますか?

 

何となく習慣で行っていることが実は髪に悪いかもしれませんので、いま一度チェックしてみてくださいね。

 

あなたの髪の毛の洗い方は?

 

ほとんどの人は毎日のお風呂でただ習慣的に髪の毛を洗っているだけで、綺麗に洗うとか抜け毛に気をつけて洗うとか考えないで洗っているかたが多いのではないでしょうか。

 

例えば普段使っているシャンプーのボトルに書かれた注意書きなどほとんど読んだことがないという事はありませんか?

 

そうして普段ぞんざいに洗っておいて、いざ髪の毛が薄くなってきたり傷んできたりした時にあわてて対策を考えるけどもう取り返しがつかないという事にならないようにしたい物です。

 

必ずしも高いシャンプーが良いとは限りませんが、ポンプボトルで数百円のものは洗浄剤(=界面活性剤)が石油系のものがほとんどです。成分表示を見て、アミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

 

 

髪をきれいにする洗い方は?

 

特に高級なシャンプーを使ったりとか面倒くさい洗い方をしなくても、髪の毛を今までより綺麗に洗うことが出来る方法をお教えします。

 

まず髪の毛を濡らす時、みなさんはどうしていますか?シャワーでザッとお湯を掛けて、髪の毛が濡れたらすぐにシャンプーを付けて洗い始めていませんか?

 

もしそうなら今日から少しだけ丁寧にお湯を掛けてみて下さい。

 

出来れば数分かけてお湯を髪の毛全体に浸透させるように、しっかりたっぷりと髪をお湯でまず洗い流します。シャンプーで洗う前にお湯だけで洗う感覚です。

 

こうすることによって髪の表面についた落ちやすい軽い汚れは全て流れ落ちてしまいます。

 

そうすると次にシャンプーを付けた時にシャンプーの馴染み方が違うんです!

 

しかもこの段階である程度汚れが落ちていますから、使うシャンプーの量も普段より少なめで済むという利点もあります。

 

いつもより2割から3割ほど少なめのシャンプーでで洗っても、ちゃんと泡立って問題なくシャンプー出来ます。経済的にも良いですよね♪

 

そうして次にシャンプーを付ける時ですが、間違っても原液をそのまま頭に掛けたりしないでくださいね。

 

必ず使用料を手にとって、事前にしっかり泡立ててから髪の毛全体に行き渡るように頭に付け、優しく洗い始めましょう。ポイントは“頭皮をマッサージすように洗う”こと。

 

頭皮をゴシゴシするのではなく、指圧するような感じで頭全体を洗います。

 

そしてすすぎはしっかりと!シャンプー剤が頭皮に残らないようによく洗い流しましょう。

 

たったこれだけの事でふだんより綺麗に洗う事ができて、しかも抜け毛や傷みの対策にもなります。ぜひ次回のシャンプーから試してみてくださいね。