シャンプー ノンシリコン 髪にいい

 

髪の毛のことを考えると、シリコンが配合されているシャンプーよりもノンシリコンのほうが髪にいいという話はよく聞くところだと思います。

 

テレビや雑誌などでもおすすめのシャンプーには必ずといっていいほどノンシリコンシャンプーが紹介されています。

 

ただ、ノンシリコンシャンプーを選べば安心ということもありません。

 

たとえば、シリコンは配合されていなくとも、コーティング剤や洗浄力の高い界面活性剤が配合されていることで髪の毛にとって、ダメージの大きいシャンプーも実際にはあります。

 

ノンシリコンだから安心で安全というイメージを思いえがきやすいですが、商品名に踊らされず裏面の成分表をしっかりとチェックして選んでいくのが失敗しない選び方になります。

 

また、多くのシャンプーにシリコンが配合されているのには、それなりのワケがあるからです。

 

というのも、洗髪後の洗いあがりがサラサラになるからです。

 

シリコンは髪の毛をコーティングすることで、絡まりや枝毛を抑えまとまりやすい髪の毛にする効果があります。

 

また、ドライアーの熱からも髪の毛を守る効果があるため、配合することでメリットがたくさんあるのです。

 

よく都市伝説として、シリコンが毛穴を詰まらせたり、髪の毛にダメージを与えるといった話がありますが、実際には科学的な実証はなされておらす、あくまで噂やデマの範疇と言えます。

 

そのため、シリコンが配合されている製品はなるべく避けるといった話はまずウソと思っていいでしょう。

 

大切なのはシリコン、ノンシリコンに限らず、自分にあった商品を選んでいくことです。

 

一般的にはノンシリコンシャンプーのほうが洗浄力が抑えてあるので、肌が弱い方にとってはこちらの製品がおすすめです。

 

ラフィーシリーズに関して言うと、シャンプーはノンシリコン、トリートメントはシリコンが入っている処方になっています。